スイス戦、エキストラエンドの末、見事勝利!

 ソチオリンピックのカーリング予選も終盤となりました。日本の7戦目の相手は、ベテラン・オットーさんが率いるスイスです。日本はメンバーをまた入れ替えて、セカンドに吉田選手を起用して臨みました。
 日本はカナダ戦に続き、前半主導権を握って進めました。第5エンドでは、オットーさんのミスも誘い、2点スチール。前半を5-2とリードして後半に入りました。
 その後6エンドに3点を取られたものの、互角の戦いで終盤に突入。第9エンドをスイスの1点に抑え、1点リードしての第10エンドを迎えました。吉田選手、船山選手のショットが決まり、小笠原選手のラストロックがNo.1にドローさえ決まれば・・・。しかしこれを惜しくもオーバーして、今回初めてエキストラエンドに入りました。
 しかし、ここでも吉田選手のテイクがきれいに決まり、優位に進めます。オットーさんの2投目の後、すでにNo.1はおそらく日本でしたが(一応微妙ということで)、小笠原選手のラストロックへ。今度はこれをきっちりとセンターに決め、2点をもぎ取り、強豪スイス相手に勝利しました。

チーム名 10 E1 合計
日本 0
0
2
1
2
0
2
0
0
0
2
9
スイス * 1
1
0
0
0
3
0
0
1
1
0
7

●ラインナップ表はこちらLink

 日本はこれで、3勝4敗の6位となりました。明日は予選最終日。1試合目が3位の中国戦、2試合目が2位のスウェーデンとどちらも相手は強豪ですが、なんとか2勝して準決勝進出に望みを繋ぎたいですね。

●順位表はこちらLink

ソチオリンピック  

— by かいちょ 2014年2月16日 23時42分  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.5130 sec.