トリノの車椅子カーリング

 トリノで行われているパラリンピックでは、今回から正式種目となった車椅子カーリングが始まりました。

 出場国は、イギリス、スイス、デンマーク、カナダ、スウェーデン、アメリカ、イタリア、ノルウェーの8カ国。ちなみに男女混合で、このパラリンピックでも40名中11名の女子選手が登録されています。

 日本は残念ながら今回出場できませんでしたが、長野・埼玉・山梨などの皆さんが大変盛り上がっておりますので、今後世界選手権でポイントをとって、次のバンクーバーではぜひ出場してくれることと期待しております。

◆パラリンピック車椅子カーリングのスケジュール(英語)

— by かいちょ 2006年3月12日 23時45分  

 

チーム青森優勝

 日本カーリング選手権(女子の部)が3月12日に終了。優勝はトリノ五輪代表チームの「チーム青森」でした。

 残念ながら試合進行はスコア表だけでしか判断できませんが、5-3でリードされたチーム長野が、9エンドで仕掛けたもののうまく運べず、チーム青森(このエンド先攻)が結局3点スチールして8-3となり、試合を決定づけたというところでしょうか。

 チーム青森には、加熱する取材攻勢の中、黒星スタートや中学生に敗退するなど大変な大会になったと思います。それをはねのけての優勝、素晴らしいですね。おめでとうございました。

— by かいちょ 2006年3月12日 23時00分  

日本カーリング選手権(女子)始まる

 今日3/8から3/12の日程で、女子の日本カーリング選手権が始まりました。トリノ五輪代表のチーム青森が、地元青森でプレイするということで、今までには信じられない程の報道陣と観戦客が詰めかけているそうです。

 チーム青森の初戦の相手は、CAS創設初期からお世話になっている土屋志保さん所属のチーム御代田。結果はチーム御代田が勝利した模様です(夕方のニュースで知りました)。

 ちなみに、かつてCASメンバーだったきみちゃんが、チーム軽井沢の一員で出場しています。がんばってほしいものです。

◆日本カーリング選手権(女子の部)のページ

— by かいちょ 2006年3月8日 17時35分  

男子日本一は、チーム浅間

 日本カーリング選手権(男子)は、5日に全日程が終了。優勝は、地元長野県のチーム浅間でした。いわゆるチームVictoriousで、3年ぶりの日本一に返り咲きました。

 ちなみにこの大会で、珍しいエイトエンダー(1エンドに8点)があったそうです。こちらのページ。取られた方はどうしてそうなってしまったんだろう、という感じなんでしょうね。
(ちなみに私はオープン大会で、7点とられたことがあります)

— by かいちょ 2006年3月6日 15時00分  

日本選手権(男子)始まる

 (記事消失により再アップ)3/1~3/5の日程で、日本カーリング選手権(男子の部)が開催されます。会場は、先のCASカップでもお世話になったスカップ軽井沢です。

 男子チームは残念ながらトリノ五輪に出場できませんでしたが、ここからバンクーバーへの戦いが始まると言っても過言ではありません。入場も無料ですから、お近くの方はぜひご観戦ください。

◆日本カーリング選手権(男子)のページ

— by かいちょ 2006年3月1日 23時00分  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0460 sec.